幸せ引き寄せごはん[Vol.11]

チョコレートとティーのマリアージュ

2月14日はバレンタインデー!ということで、今回は「甘いものを美味しく頂くコツをご紹介します。

ここで言う「美味しく」は、「身体に負担なく」を意味します。
お菓子に使われる白砂糖の多くはサトウキビが原料で、南方で取れたものは身体を冷やす性質があります。
また、お菓子作りの色味や味のバランスから、白く精製されています。
精製されることでビタミンやミネラルは失われ、カロリーの塊となり、身体にとってはダメージが大きいのです。
一見、甘いものを摂ると疲れが取れたりするような気がしますが、実際は、胃腸の動きや筋肉を弛緩させてしまい、益々身体は重くだるくなってしまうのです。
「弛緩(ゆるむ、広がる)」のですから、体型がゆるむのも当然!(笑)

そして、女性は必見!ゆるむのはお肌も!
毛穴の開きや、シミも広がりやすくなると言われているので気を付けて!
糖化というお肌のくすみにも繋がります。

ですから、量を加減し、質の良い砂糖を選ぶこと。
また反対に「引き締める、身体を温める性質のあるものや、野菜や穀物を積極的に食事に取入れ、バランス良く食べることです。
来月は引き続き、砂糖の種類や特徴、お助け食材を詳しくご紹介しますね!

甘いものはこころも身体も軽やかになる食べ方で、楽しみましょう!

©2017 - Bio works All rights reserved.